top of page

MOZART GSTは、一財)UNI H&H大学院で、快だから続く禅をコンセプトに研究開発された純粋意識メソッドの名称です。

​主に特殊音楽療法を活用して無意識にアプローチします。

このメソッドを駆使することにより、脳の恐怖の回路、扁桃体を抑制、情動ストレス軽減、脳の回路を快に促す効果が期待できます。

大学院や医療機関との産学連携でヒト臨床試験も行い、科学的なエビデンスを確立し、産学連携により、データサイエンスを行っています。

banner.jpg
新月

はじめに

近年、AIテクノロジーの急速な発展により、私たちは新たなパラダイムシフトの時代に突入しています。

同時に、ニューロサイエンス、量子の世界やDNAゲノム研究の進展により、よりミクロな研究が進み、未病である、病気である、病気ではないと言った2元論ではなく、そもそも病気にならないウェルビーングと言う概念や、老化自体を病気として捉える新たな概念が生まれています。

 

日本では超高齢社会に突入し、医療費や介護費が増加する一方で、少子化や人口減少も進んでおり、ストレス社会前提の従来の社会保障システムは機能不全に陥っています。

病気の原因は生活習慣病からきているとされており、生活習慣に原因があると提唱された日野原重明先生によって「生活習慣病」という概念が提唱されました。

習慣は意識であり、私たちは純粋意識の研究を通じて、良い意識習慣を科学的に定義し、意識改善方法を提案することを目指して研究してきました。

20世紀最高の天才と言われる物理学者のアルベルト・アインシュタインによると意識や脳の神経パターンを変えることは原子を変えることよりも難しいとされてきましたが、私たちの純粋意識の研究により、少しづつ可能となってきました。

 

私たちは、医療クリニック機関との産学連携により、聴覚から脊髄に働きかけるとされるバロック、モーツァルト音楽や10の12乗~15乗の光テラヘルツ周波数に着目し、独自開発した特殊音楽療法で無意識セルフイメージにアプローチし意識習慣を快に改善を促すメソッドを開発しました。

このメソッドは、脳の快適さや不快さを司るアーモンド形の扁桃体(リンビック システム)に焦点を当て、オキシトシンホルモンの臨床的な研究を積み重ねることで 完成させ、海外サイエンスジャーナルにて、原著論文としてもアクセプトされました。

私たちは、科学的根拠に基づいたエビデンスがある意識改善メソッドを駆使し、ヘルスケア・教育などの各プログラムを開発し、より多くの方々にとって純粋意識へ の気づきとなる活動を続けていきます。

​(一財)UNI H&H大学院 研究チーム一同

​MOZART GST

スクリーニングテスト

​超倍速聴音源

ベッドで瞑想

​自律訓練法音源

​朝と寝る前に

自律訓練とモーツァルトを組み合わせたオリジナル自律訓練瞑想を考案。

文化庁著作権登録済み。

ニュースリーディング

​英語学習音源

​Research

脳のイラストレーション

理論について

特定の周波数により脊椎から脳の扁桃体にアプローチし、特殊音源と珪素を活用して無意識セルフイメージの情動反応を快に改善していくことを目的にメソッドを開発。

スクリーニングテスト

​科学的エビデンス

このメソッドの効果については、第三者研究機関により、オキシトシンのヒト臨床研論文や、扁桃体の活性が抑制されている症例レポートなどでエビデンスを確立。

感謝の気持ち

​体験談

過去にメソッドを体験した約1000名の体験談の一部を掲載。

​News

hlogo.png

​2024年4月~

header_logo.png

2024年2月10日

R.png

2022年1月20日

channels4_profile.jpg

​2024年2月22日

IJSRA logo.png

​2023年8月7日

header_logo.png

​2019年5月1日

お問い合わせ

一般財団法人 UNI H&H大学院

大阪府吹田市豊津町41-10

info@uni-hh-daigakuin.com

TEL 0745‐87‐9165

送信が完了しました。

bottom of page